ごあいさつ

さとまるLLP(有限責任事業組合)へようこそ!

さとまるでは、今まで価値化されていないものを発掘し、タダで提供していけるよう、メンバーみんなで活動をしています。
日本に暮らす私たちが持っていた懐かしい過去と、努力して生み出してきた輝かしい現代とを振り返り、「お金では買うことのできない豊かな生活」を、わたしたちと一緒に創っていきませんか?
(今日からあなたも、さとまるメンバーになりませんか?)

2010年4月10日土曜日

ニホンミツバチお引っ越し・・・

さとまるのメンバーで、ニホンミツバチのお引っ越しを行いました。

場所は、茂原の牡丹園さん
ここ
四月末からの牡丹園オープンに向けて、お客さんに何かあったらいけないので、敷地にいるニホンミツバチを駆除しようと思っていたところ、さとまるのホームページを見て、譲っていただけるとのご連絡をいただきました。

われわれメンバー皆、大喜びで牡丹園さんに伺って、下見の上、ニホンミツバチのお引っ越しを実行したのでした。
事前のセミナーや情報から、お引っ越しはなかなか難易度が高く、みっちりトレーニングを受けても、一週間で、できるようになるかどうか、ということは知っていたのですが、失敗しても、それは経験ということで、今回は我々で挑戦することに決めました。

実際の様子は、この動画を見てください。
Live Videos by Ustream

で、、、、
http://picasaweb.google.com/109509897343609825606/20100409#5458180799546474402


結局、サイクロン型の掃除機に吸われたミツバチたちは、みんな、入った後に死んでしまっていました。。。ごめんなさい。
あとから帰って、もう一度、みんなでニホンミツバチの本を読み直したところ、ちゃんと掃除機とノズルの間に、中間部屋をつくるよう、書いてありました。あ〜これは、みんなで悔やんでも悔やみきれない、ミツバチに申し訳ないなぁ、という気持ちがいっぱいで、今回、失敗した分も、これから、ニホンミツバチの普及をがんばっていこう!!と心新たにした瞬間でした。

さっそく、来週の初めには、今回失敗した「ハチトルんジャー1号」を改良して、「ハチトルんジャー二号」を開発することに決めました。
さらに、二号は、周りにいるハナアブなどで、ちゃんと実験して、問題ないことを確認してから使用することも決めました。
さらにさらに、吸い取るだけではなく、網や袋を使って、確実にゆっくりとお引っ越しできる手順に変えることにしました。


さとまるメンバーにとっては、「いきもの」ということを、深く心から経験した、とても大切な一日となりました。

0 件のコメント:

コメントを投稿